HOME>コンテンツ>子供を対象とした放課後等デイサービスについて知ろう

子供を対象とした放課後等デイサービスについて知ろう

男の子と女の子

放課後等デイサービスの特徴

障害を持つ子供が学校の終了後や、長期休暇などに利用できる通所型の施設として放課後等デイサービスがあります。主に、6歳から18歳までの就学対象となる子供が利用対象となっており、学童保育と同等となるシステムの福祉サービスです。施設には指導員や保育士、管理者など専門知識を有するスタッフがいて、子供達一人一人に合わせたケアや自立支援、学習指導などを行っています。学校外での教育、支援となるもので、少人数の集団生活を経験することができるため、子供のコミュニケーション能力や社会性を伸ばすことが可能です。また、理解あるスタッフが対応しますので、子供達も自由に伸び伸びと過ごすことができ、子供にとっては安心できる居場所ともなる施設なのです。宇都宮にも指導内容の異なる施設が多数あり、子供に合わせた施設を選ぶことができます。

先生と子供

利用するための手続き方法

放課後等デイサービスを利用するには、まず、基本的には障害者手帳が必要で、住んでいる地域の自治体の福祉課で受給者証の申請を行います。医療などの専門家の診断書などでも提出をすれば受給者証が発行されることもあり、受給者証は1割負担でサービスを受けることができることになっています。そして、通いたい、または通わせたい施設を探して連絡を取り、見学や体験通所を経て利用の検討を行います。なお、施設を探す時は、相談指導員のサポートを利用することもできますので、分からないことは気軽に相談すると良いでしょう。宇都宮の放課後等デイサービスは、沿線や国道の近くにある施設も多いですが、様々なエリアに立地していますので、自宅の近くなど、通いやすい場所の施設を選ぶのも選択肢の一つです。